インフルエンザにかかる人、かからない人

日本では、新型インフルエンザの流行も収束に向かいつつあるようです。一方では、南
半球にも流行し始めています。6月11日には世界的大流行(パンデミック)を意味する
「フェーズ6」が宣言されました。
経済的危機だけではなく、健康的な危機が地球を覆っています。


そういう疫学的な分析は別として、個人的なレベルでインフルエンザに罹りやすい人と
罹りにくい人というのが存在するようです。ともすれば、こういう感染症はウイルスの
ほうにばかり注目されますが、実は感染宿主(ホスト)側、すなわち感染に罹る人間の
側の問題が大きいのです。人間には、ウイルスや細菌から身を守るための「免疫機能」
と言うのが備わっていて、感染源が体内に入っても影響を受けないようにしています。
いわゆる「抵抗力」と呼ばれるものです。どういった人が「抵抗力が高い状態」でいる
のかについて最近の研究では、心のあり方がとても重要な役割をすることが分かってき
ています。

7月5日に関西で始めて講演会をすることになりました。講演会では、この「抵抗力」
についての話をさせていただく予定です。

大阪講演会 自然治癒力を高める 「癒し」の方法

◆日時:7月5日(日)午後1時より5時まで
◆場所:大阪市中央会館 1階第2会議室 
   (地下鉄堺筋線&鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩5分  
       御堂筋線心斎橋駅 徒歩 10分)
http://www.manabi.city.osaka.jp/Contents/lll/sisetu/inview.asp?CONTENTNO=845
◆参加費:3,500円(当日4,000円)
参加希望・お問い合わせはこちらまで uni-thera-info@pirikanet.com
[PR]
by uni-thera | 2009-06-11 11:12 | ◆セミナー活動
<< ホメオパシー 白山リトリートツアー2009夏  >>