家庭内癒しコースのはじまり・・
今月から はじまりました 「家庭内癒しコース」 みなさま 熱心です。。

おうち で お父さんが (ご主人) よそへいくより お前にしてもらったほうがいいから 習いにいったら・・
とか
家には 年いった 父が いて 仕事から かえると いたい痛い ・・と うったえてくるから やむにやまれず
習います・・
とか
家のよめはん が 背中が いたい・・とすぐに 言う・・これならったら 少しは うまくなるんちゃうかな?
とかですね

みなさま ほんとに 習わなくとも 家庭癒し を なさっています。
教えるほうにとっては 家庭愛 を  すごく 感じます。
きいてても とても 気持ちが いいです。。うまらやし・・いえ うらやましいです。

さて 次回 みなさま 復習 を 家で たっぷり と されて いますことやら・・

でですね うちへ来る患者さん ですが・・
1年ぶりに みえたのですね それも 足を引きずり・・腰を 斜めに はいってきた・・「どうしたの?!」

「足に 水が たまりだし 炎症をおこして 3ヶ月間 病院 へ いっているけども ちっとも 痛みがひかないので 毎週 炎症止め の注射をしにいっています」 

みると 膝 の 内半月板 の ところが 真っ青・・「どうしたの これ?」 

「 注射針 のあとで 内出血しています」 「そんなにうっているの?」

「だって いたくて歩くのも 歩けないから・・毎週なんです」 と 。腰をゆがめて 入ってきたY
さんです

初日は  治るかな 治るかな もっと早く ここへきたら よかった・・もうあかん これでは あるけなくなると
思って ここしかないと 思ってきた・・と

おもわず 私は 「それ反対やないの ! ここきてある程度 みて あかんけりゃ 病院 よ・・それ 反対にしているやないの・・そりゃ しゃあないわ・・ もうね 1日寝たら 治る という お年じゃないですよ それに そういう ものでないしね」 といった。笑)

「うん よくわかった・・ついつい すぐに 病院 へと 思うし 行きだしたら 処置をしてくれるんで・・」

「で、よくなった?」 ・・「ぜんぜん・・」 ・・「でしょ・・反対よ・・反対」 とういう 会話 をしながら

今日で 3回目 随分よくなってきた なんせ 膝が まったく まがらなかった・・それが まがるように なりだし
歩行も ダイブ ひきずらないで あるけるように なってきた

そしたらですね このYさん 足の 見とうし がついてきて 落ち着かれたのでしょう
話が ぜんぜん ちがう 方へ 今日は いきました 膝の話でなく ・・今日は 女性ホルモン を 射ち にいった と・・「へ~またなんで??」

「だってね 生理が 終わって 女性でなくなる・・って 思ったから ・・これは寂しい と 思って 産婦人科へ
・・そしたら ホルモン 射つことは いいけど 子宮がん や乳がん になる恐れが ありますよ・・といわれて
ァ~そしたら結構です ・・と 一目散 に そこをでた・・」

思わず あっははは・・大笑い・・Yさんは 50過ぎ です。

でですね 私は Yさんに 「あなた ご主人 を愛していますか?」 と きくと 「いえ 愛していません・・」 と

あららら・・ それ大変ね たとえば ね みんながそうだとは 思わないけどね・・

こういう事が あるの・・ 子宮 を とる事になったとしよう・・それは 女性 を捨てる とも 取れるの

あなた 子宮 があるでしょ 健全 でしょ なら ホルモン注射 うたなくても 充分 女性じゃない・・

ただ 女性 を忘れていませんか? 男になっていませんか ・でも ホルモン注射 は うちたい・・女 でなくなるという不安 ・・

「はい 家でも外でも 男になっています」 ・・

「あら? でもあなたの中身は 女性でありたい・・だから ホルモン注射を 射ちにいった」

「なら 素直に女性 になれば ?あなたはふくよかだし かわいいわよ・・夫 てね 側に いる 奥さんに いつまでも 女性で いてほしいんですよ・・と 思うなあ~  といいつつも 私も 人には いえませんが」

というと  すかさず そのY さん 「先生 男 ちゃうの?!」 

「あらァ~ お仕事では 男にならな 仕事は 女 という ちゃらちゃら できないじゃないですか、まあ そういうのばっかりが 女 ではないですけど・・ね、プライベートでは 女になっているかもよ・・」・・笑)

ほんとすかさずいわれました・・はんせい! まだ そのうえに 「先生 のプライベート みたいわあ ほんま
女 になっているの?」 と・・   があ~~~~~ン

で そのYさん 「そのとおりやわ私 ・・女 わすれているときあるわ・・ 」

「でしょ・・そうなると 側にいる妻が 男であれば 夫は 家に2人も男は いらないと 外に女性をもとめだすよ~」

「先生 ほんま ほんま そのとおりやわ・・ 今日から 女 するわ~きれいになるわ~・・」と。

「 もちきれいになるのもやけど 女性性 だしよしな ・・ ちゃんと 立派な 子宮 あるねんからね」

「 うんわかった・・ 生理 終わっても 女 わすれたら あかんなあ・・ほんま からだ だけでなく こころの
整体までしてくれたわ・・ありがとう・・」 と そのYさん・・

ご主人 と ご自分 との つながり が どんななのか 思いあたる 事が あったのか わからない・・

施術 が終わり ・・あ~~楽になった  ・・と 軽い 歩行で 帰っていかれました。まだ すこし 膝がきにはなりますが・・ 

このY さん

私から みて 気性 が とっても かわいい くて 愉快な  女性(奥さん) だと おもうのだけどな~ァ・・

今日の施術は  閉経後 の 女性性 談義 でした。。 ちゃんちゃん・・



[PR]
by uni-thera | 2009-06-18 18:54
<< “なぜヒーリングで治るか?その... ホメオパシー >>