<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
第5回目の授業
いつものように 気功 からです
今回は 百会 と 湧泉 からのエネルギーが どんなか ということをそれぞれに
体験してもらいました

2人で 上 と 下から すると してもらっている方は ・・そのままで~ きもちいい!
と いう声がでました それだけでも からだはゆるむのです
が 施術 となると そうは いきません
まだまだ 気 とうものが どんなものかを 次回 にもしていきましょう


さて 実技です
今回も みなたま ほんとに 熱心で・・さすが!です

ドクターこにいちゃんの 理論も なかなか おもしろい それを踏まえての 実技 だから
みなさんは ほんとにラッキーです・・
こういう 教室は なかなか ないね という あたいがいちばん うれしいかも・・

で 今回も 前回につづき 内臓マニュピレーション

今回は 小腸 回腸 関係でした

盲腸のオペ をしたかた? ・・というと こにいちゃん が ・・はい!

こにいちゃんのからだ で みんな が 盲腸の オペあとのマニュピレーション をしました

じゅんぐり にするなかで いきなりチーボー が こにいちゃんの足を あげました

「いや~~ァ 足が軽くて すごいあがるゥ・・」

そうなんです 内臓を おおている 筋肉も オペにより 断裂し そこが 硬縮 することで
違う 筋肉まで ひっぱってしまうのです

それを マニュピッレーション したのですね もち 虫垂炎 の箇所もです

こにいちゃんは 硬縮?? 医学用語では ない ことばだと・・

まあ ここでは 頭きりかえて ちょうだい!・・ってなことで・・おもしろいわ~・・

側臥 での 胸椎と頸椎 の 矯正・・

そうだ! マスクをしないといけない!

すっかり忘れていた わたしは マスクを してください ~ というと

だれかが これ患者さんに するのですか???ァ

は?! ぎゃははは・・ ちがいます ・・ あなたがするのです・・

それを 想像した あたいは 笑いが とまりませんでした

ほんま 楽しい 教室で 毎回 毎回 いろいろ あって しあわせも~~~~ん

また最近は ランチ が 超 うま~~

アットホーム な 教室で これも またしあわせも~~ん
[PR]
by uni-thera | 2009-01-19 08:18
講義の日程が変更になりました。

◆生徒の皆様へ

講義の日程が変更になりましたので
どうぞ下記ご確認ください。

【講習日予定表】
http://unithera.exblog.jp/i10/

◆特別授業(実習のみ:無料)
2月7日の講習は無くなり、日程変更となりましたが、
特別授業を行いますので
技術面で補習されたい方は、どうぞおこしください。


※講習の日程は、急遽変更する場合がありますが、ご了承ください。

[PR]
by uni-thera | 2009-01-19 01:14 | ◆お知らせ・募集要項
【レポート】 第5回 1/17
今回は、2週連続での講義になりました。

スパンが短かった事もあって
生徒のみなさん、別で仕事を持たれての受講なので
集まりがちょっと良くかったのです。
残念!!

しかし、
先生も、生徒さんも
焦らず自分たちの最適なペースとスタンスを貫いて
授業に挑んでいてとても安定感のある
学校だなぁと、関心していました。


それでは、第5回のレポートです!

-------------------------------------------
第5回(1/17)
◆講 義
内臓疾患各論1(消化器系、泌尿器系)

◆実 習
①内臓マニュピレーション
②足裏マッサ と 内臓部位
-------------------------------------------

e0161890_052395.jpg

はじめは、いつもの様に
気功からはじまります。



e0161890_054972.jpg

集中力を高めます!
心も体もクリアにするんですね。



e0161890_061126.jpg

そして、内臓疾患各論の講義の様子です。



e0161890_06337.jpg

統合医療ですので、やはり専門的な言葉もでてきます。
生徒のみなさん、技と理論を
頭の中で統合してるんでしょうね。


e0161890_065037.jpg

こういう、医学の専門的な内容を
一般の人向けに、わかりやすく説明するのは
生徒側の事も理解していないと、きっと難しいだろうなぁ。


e0161890_07843.jpg

頭を使ったあとは、みなさんお待ちかね昼食タイムです!
今日は、なんと卓せんせい特性のカレーと・・・・



e0161890_072874.jpg

そして、生徒のタッキーさんのシチューも~!
なんと贅沢な昼食でしょうか
こんな、先生と生徒の関係性もユニセラの特徴のひとつですね!

いつもありがとうございます!


e0161890_07517.jpg

そして、実技のはじまりです!



e0161890_0135767.jpg

内臓マニュピレーション
足裏マッサ と 内臓部位



e0161890_091028.jpg

いつもながら、
生徒の皆さんは真剣です。




e0161890_091664.jpg

少しでも早く、技を自分のモノにしようと
そんな思いが伝わってきますね。


e0161890_095955.jpg

e0161890_0182356.jpg
e0161890_010649.jpg
e0161890_0103049.jpg
e0161890_0105016.jpg

キレイな夕日が窓越しに見える頃
ユニセラの授業も幕がおります。



今回のレポートは、これでおしまい!

みなさんどうもお疲れ様でした!


事務局T.K
[PR]
by uni-thera | 2009-01-19 00:44
リ ン ク
ユニセラと関連のある組織やホームページへのリンク集のページです。

----------------------------------------------------------------------------
整体治療院 お・あ・し・す
講師の北村卓枝先生が施術師として経営されている整体治療院です。
アットホームでとてもオープンな空間。
ユニセラの授業も現在はここで行われています。
----------------------------------------------------------------------------

卓ちゃんのいつも心におあしすを

北村卓枝先生の個人のブログです~。
----------------------------------------------------------------------------
NPO法人日本ホリスティック医学協会

e0161890_23434040.gif

----------------------------------------------------------------------------
日本統合医療学会
----------------------------------------------------------------------------
[PR]
by uni-thera | 2009-01-15 00:08 | ◆リ ン ク
開けまして おめっとうさ~ん
今年 初めての授業です そして 4回目・・

生徒の皆様 の 物覚え・ 感覚・の 鋭さ に 感激 するばかりです。

いつも 思うのですが みなさん 霊的に高い 方 が ご縁 で あつまられたな~ って思います

ですから 1つを いえば すぐに 悟られる それは感覚 の するどさから 来るものだと思います

今回は 内臓 マニュピレーション ・・
これは ほんとに 手 からのリスニング (傾聴)です

内臓も 一生懸命 ものを いっているのです スムース に動きたいよ~ とか
これ以上 ものを いれないでくれ~・・ とか
自立神経 を 使いすぎだよ~
ストレス が たまっているよ~ などなど

たぶん 生徒の みなさん は 内臓が こんな 動きをしているというのが わかったのは
初めて だと思います
もちろん 私も 最初 この動きを 手 で感じたときは 感激しました

この 動きは 心拍 でもなし 皮膚 からでもない 血液 でもない

内臓自身 が もつ 動きです

これが 解る と かなりの ハイテクニック です

私の経験 から  膀胱 をオペされて 何年かたつ ご婦人 ですが
そのオペ 後 腰 や ヒザ に 常に 痛みが きていました が

当院 を知られてから 毎月 定期的 にかよわれているなかで 腰も ヒザ裏 も 楽に なりました

そして 楽になったからと しばらく 見えなかったのです

ところが また 同じ症状 がでてきました

なので オペ を したあとになった 症状なんですよ と こんこん
と説明を するなかで サボらず みえています  (笑)

で 病院 での オペ後の 定期検診 で お医者さまが 膀胱 が さがっていない といわれた と すごく 喜んで おられました これがさがっていたら また オペ を しないといけなかった からです

で、 その後  このご婦人 は「 先生 いつも 膀胱を あげて くれてたんですね 今日もしてくださいね」
と 言われるように なりました
単に 整体 だと 腰が 楽になって ヒザ裏 がらくになった と しかとられていなかったのですね でも そうとるのは 当然ですよね~

もちろん こちらも
 手 だけの診断 ですから 動きの 悪い所の可動力 を 広げてあげて 固まっている ところ を ゆるめて いっているのですが・・そういう状態 になっているところまでは やはり こちらは 手だけですから わからないのですね

その 膀胱の
動きが 改善 できたことで 腰や ヒザ裏 の痛みが とれていった と とっています

それは 元の原因 が どこなのか と さがしていくからなんですね

これが 整体のよさなんです 

西洋医学 と ちがうのは そこなんですね ・・もちろん 西洋医学 は 西洋医学で
人間にとって 必要な 医療でもあります

~~~~
今回の 手技 のなかで こにいちゃん の 西洋医学からの 解剖生理学 は とても
よかったですね・・

さすが! と おもいましたね

でもね 内臓 の 働き が 弱い と どこへ 不調 を 訴えるか とか オペ 後 に どこへ でるかと 思うと ほんとうに 内臓 というのは 大事な 部所 なんですね
また 内臓 はそれぞれ 感情 も もっているのですね

これらを 無視して 整体 は かんがえられない ・・と 思っています
[PR]
by uni-thera | 2009-01-12 11:23
【レポート】 第4回 1/10
あけましておめでとうございます!

2009年の第一回目のユニセラです!

新たな気持ちで挑んだ第4回!
気合いを入れてすばらしい授業にしてゆきましょう!

---------------------------------
第4回(1/10)
講義
解剖・生理学3内臓系(消化器系、泌尿器系)

実習
①内臓マニュピレーション
②足裏マッサ と 内臓部位
---------------------------------

でわでわ、講義の様子をどうぞ!


e0161890_14235357.jpg

はじめは、いつもの気功から始まります。
脳も体もこれでリラックスできて、
講義に集中しやすい状態を作っているんですね。



e0161890_14241527.jpg

脊椎疾患の各論的な内容です。
腰痛に関する、色々な原因や、坐骨神経痛などの話
腰痛は身近なことなので、みなさん真剣



e0161890_153178.jpg

コニ先生は、いつも真剣に
難しいことを、わかりやすく伝えてくれていますね。



e0161890_14243120.jpg

今回は、ビデオカメラでの記録も
やってみました。何かの役に立てばと思っています。



そして、お昼を挟んで実習へ!
卓先生の登場です!
e0161890_14252040.jpg

今回は、内臓マニュピレーションです
内臓のカタチや位置、微妙な動きなどを
手のひらで感じ取るという高等な技術だそうです。



e0161890_14261930.jpg

みなさん・・・



e0161890_14263883.jpg

ひとり、ひとりが・・・・



e0161890_14254133.jpg

手のひらの感覚を頼りに
内臓との対話を実践しています

なかなか普通は
教えてくれないことだそうです。



e0161890_14244511.jpg

そして、今回の見せ場!
現代医学とのコンビネーション!
実技の途中で、小西先生のフォローが入ります。



e0161890_1425156.jpg

実技で感じた、疑問点などを 的確に理解するために
感覚(実技)と知識(理論)を 自然な流れの中で
つなぎ合わせるカタチになりました。

見ていて、すばらしい連携だったと感じました。



e0161890_1427280.jpg

その後は、小西先生もモニターになってくださりました。



e0161890_14271999.jpg

今回の実習も、新しい発見や展開が訪れ
生徒の皆さんも満足していただいたのではないかなと思います。

新年早々、よい走り出しではないでしょうか!




それではみなさん、
どうもお疲れさまでした!

そして、
本年もどうぞよろしくお願い致します!!



By 事務局T.K
[PR]
by uni-thera | 2009-01-11 15:19
身体の声に耳をすませる
昨日はユニセラ4回目の講義でした。

午前中のわたしの講義は、脊椎疾患の各論みたいなことでいろいろな原因で腰痛や
坐骨神経痛が起こるのだと言うお話。極めて全うに医学的なことでした。

そして、午後。
卓ちゃんの「卓オパシー」もどんどん加速してまいります。昨日は「内臓マニピュレーション」

被験者さんに、診察台の上に仰向けになってもらい胃腸や肝臓の上に手を当てて、微細な
周期的なリズムを感じ取ると言う手技です。
わたしの場合はどうしても医学的な知識が邪魔をするのか、素直な気持ちで「波動」を
感じ切ることが出来ませんでした。

それに対して生徒さんたちは、余計な知識がない分素直に感じておられるようでした。
ある生徒さんから言われたのは、「こにぃは、自分の手に意識が集中しているから
感じられないんだと思う。もっと、相手の胃や肝臓に意識を持っていったらどないですか」
フムフム、と思いましたよ。そうしたら、すこし非常に微細な波動ですが、感じられたような
気がしました。まだまだ、はっきりわかったと言うには遠いのですが。
それにしても、生徒さんのレベルが高いですねぇ。


西洋医学、現代医学では身体の中の臓器なり脳脊髄液が周期的なリズムで振動して
いるなどと言うことは認めていません。身体というのは「臓器」という極めて物理的な
パーツの寄せ集めであると言う風にしかとらえません。医学校では「肉体とはお互い
しゃべりながら協調しあう極めて調和的な存在である」とは教えてくれないのです。

ところが、こうして己を無にして、臓器に耳を傾けるとそれぞれの臓器は極めて小さい声
ですが規則正しい振動と言う形で全身に語りかけているのですね。そして、全体として
バランスをとっているのです。
このことを感覚として実感できたことは、極めて衝撃的な事実でした。


歴史的には、オステオパシーもクラニオゼイクラルもアメリカの医者が「内臓臓器や
骨格筋肉の微細なバランス」の存在に気づき、始めたものです。霊感商法とかブーム
としての○○占いとかとは根本的には違うのです。
ところが、西洋医学の医者にこのような話を持っていくと、内容について知ろうとしない
で、はなから受け付けようとしません。これって、何なんでしょうか。ぼくには不思議で
なりません。
[PR]
by uni-thera | 2009-01-11 09:43