<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「自然治癒力を引き出す生き方」


東洋医学や代替医療では、「自然治癒力」という言葉をよく使います。身体に表れる
症状は、肉体だけではなく心や精神を含めて全身のバランスが乱れた時のものであると
言われ、そのバランスを元に戻すことによって「自然治癒力」は高まり病気も自然に治
癒に向かい始めると言われます。

精神(心)の状態が身体にどういう影響を与えるかについて、最近科学的に検証される
ようになって来ています。その最先端は「精神神経免疫学」という分野です。
脳の中には、「間脳」という部分があって、自律神経系やホルモン系を制御する司令塔
のような働きをします。自律神経やホルモンは末梢神経や血液を介して、全身の臓器の
微妙な働きや臓器間でのバランスを保つ働きをしているのです。
また、自律神経やホルモンは、免疫系にも大きな影響を与えるということが分かってき
ています。「免疫系」は身体をウイルスや細菌などの外敵から守るだけではなく、身体
内のバランスを崩して増殖する細胞(「癌細胞」と呼ばれます)を攻撃する働きをする
のです。

このように生体には、自然にバランスをとるための非常に精巧なシステムが備わってい
ます。これが、「自然治癒力」というものを科学的に説明するひとつのおおきな手がか
りになることは間違いがありません。
心がバランスを崩しているとき、これらの自律神経系・ホルモン系・免疫系がバランス
を崩し、いろいろな疾患の原因になることは想像に難くありません。逆に、身体がバラ
ンスを崩しているときに、その根本原因である「心のバランス」を調整する『癒しのシ
ステム』を取り入れることは、とても重要なことであると思われます。


それは、未だに「不治の病」という印象の強い「がん」も例外ではありません。
サイモントン療法はアメリカの心理社会腫瘍学の権威カール・サイモントン博士が開発
した癌患者さんとそれを支える方々のためのプログラムです。日本でも「癌に対する『
生きがい療法』が注目を集めたことがあります。患者さんやそれを支える人々が「心の
あり方」を変えてゆくことによって、現代医学の標準的治療では根治が困難であると思
われるステージの癌が自然治癒することが実証されています。

これまでは、「心」を科学的に証明することは不可能であると考えられてきましたが、
最近では「心のあり方」を変えることにより、癌細胞を破壊する機能を持つナチュラル
キラー細胞という免疫細胞の活性が高まることも科学的に証明されてきています。心の
変容によって、こういった癌免疫という「自然治癒力」を高めることが出来、通常では
不可能と思えるような「癒し」を現実化するのです。
心を科学する時代から一歩進んで、「心の科学的作用を利用する時代」がもうすぐやっ
てくるのではないかと思います。そして、病気になる前に病気にならない心のあり方を
研究するのが本当の「予防医学」ではないかと思うのです。



10月3日に大阪で行われる「自然治癒力を高める理想の医療」セミナーではそういう
自然治癒力を引き出すということを中心に講演会や、対談会が行われます。

http://unithera.exblog.jp/10975413/
[PR]
by uni-thera | 2009-09-13 20:48
小児の施術
子供は ほんとに 正直・・です

いやな事は 全身で示す 駄々をこねる 泣く ・・そして じっとしていない ・・これがいちばん施術にとって
難儀です

最近 見えた I ちゃん 3歳 だという ・・ところが 発育未発達 という 診断をされて おかあさんは あるところで オステォパシー が いいと いうことを 聞かされて このブログ を 読まれて電話されてきた

私は みないと わからない ・・どう未発達なのか・・

その I ちゃん がきました 1日目 泣き喚きました しかたが無いから 遊ばせながらの 施術です
頭に 手を おき 仙骨に 手を 置き・・
もちおかあさん に 横に いてもらいながらです そんな 大人にするようには もちろん いきません

で 機会 をみながら ベッドに運びました

Iちゃんは 物を握る事 言葉 歩行  身長  すべてが 1歳半 です 

ところがですね 難儀な 治療ながら 2回目 に 見えたときに 拍手をするのです

あらら・・ こんな しぐさ してましたか?  いいえ 1回目 の治療 のあと から 拍手をするようになりました・・と おかあさんが。

これ なんの 表現かしら・・ I ちゃん うれしい・・は どうするの? と 聞いた

そしたら ぱちぱち と 拍手をした ・・ァ~これって うれしい 表現ですね

よかったね・・Iちゃん・・  2回目から Iちゃん おいで ・・と 手をだすと こちらへ 抱っこをして ~と 
きます

よしよし 抱っこしながら の施術 でいこうね ・・

そしたら I ちゃんは 私の 胸に びたっと 頭を つけて 身も心も おまかせ~の しぐさを するのです

よしよし いいこ いいこ ・・まず 仙骨 を みました・・

ほう~ かなり ねじれていますね・・  おなか は? ・・ あらァ ~  かたいね~

便秘 と冷え があるでしょう・・と おかあさんにきくと そうなんです

もう夏でも 足が 冷たく 便秘はショッチュウ・・

このおなかじゃ 当然やね~ 

そのうち I ちゃんは うつら~うつら~・・・

で ベッド に置こうとすると 起きてしまいます

よしよし この膝が ええのやね ・・ このままで やるよ~ ねんね~~~~・・

で 3回目 の施術のときです おかあさんが I ちゃんがね 軽い 箱 を 運ぶようになったのです
よっこら よっこら と よたよた としながら 運ぶのです・・そんなこと したことないのに なんせ おもちゃも興味をしめさなく 目の前にあるものにも ぜんぜん なのに と

へ~すごいやん ・・ Iちゃん  やるやん・・いいこいいこ・・

おかあさん が 歯がはれた から と いうんで じゃ お母さんも おつかれやから 施術をしましょう

その間 Iちゃん 遊ばしておきましょう・・

その Iちゃん 部屋の中を うろうろ・・ 私が 書いた 壁に ある絵をみては ぱちぱち 拍手

Iちゃん なにか お気に入りあるの? と 聞くと 無反応 で 私が 書いた 絵 を じ~っと みて
ぱちぱち と  拍手 ・・ なんか わかるのかな~・・

で また 玄関 に いって は ぱちぱち・・

ドアの 前 ~ よたよた と リビング の入り口 の天井みては ぱちぱち・・

あ~ このI ちゃん エネルギー感じる 子 や!!

すごい!・・

治療 をする 待合の 場 から 必ずはいってくる・・ そして 治療室から リビングへ ・・・
いきなり リビングには いかない・・

これって 以前 あの UFO研究か の 矢追パパ が うちへ きたときも 玄関~ リビングへ はいろうと
したけど ・・ いや ・・ここの エネルギーの流れは 玄関~待合室~ リビングだね・・ と 流れの 通り
の 入りかたを した

この Iちゃん まさしく その 通り 同じなんです

 玄関へ いって ぱちぱち・・ そして 戻って 待合室 ~治療室~ リビング ・・リビングに 掛けている絵 をみあげながら ぱちぱち・・

う~ん すごい! 玄関 から リビングには はいらない・・

わかるんだ!  I ちゃん・・

おかあさん このI ちゃん この体を 選んで きたんだと 思うよ
健常者 になること もちろん 望むのは 当然だけど 先は どうなるか 解らない中で
治る とか 治らない とか 思うことないよ ・・ちょっとでも 近づく ことができたら・・と 思うほうが
いいと 思うなあ・・ と いいました

そして 次 施術できたときは 私の両手を 小さな 両手で はさみ わたしの両手をもって ぱちぱち
させるのです・・ ほう~ すごいやん・・

Iちゃん うれしいこと させてみたいんやね ・・卓先生に・・ 

また あるとき 卓先生 はどこ? と 座っている Iちゃんに いうと 体ごと べた~~~と 甘えるような
しぐさ を してきました ・・ほう~ なかなか ・・やるやん 
I ちゃん もう 点数かせぎ? 笑)  と いいながら もち 手は 仙骨 後頭部 です

そのうち Iちゃんは ぐっすり ねてしまいました

そのあいだ 思う存分 施術 ができました 股関節 と  側とうこつ この部分の動きが 対角に 悪い

ゆっくり ゆっくり 髄液の動きに あわせて ゆるめて いきました

I ちゃんは お産のとき でてくるのに かなりの時間 が かかったようです

Iちゃんは ぐ~ぐ~ ・・とねてしまいました

それはそれは ふんだんに 施術できました

で Iちゃんは おきました・・抱っこすると・・な な なんと めちゃ 重たい・・ これ~・・って ? なに?

抱っこしても ふわ~ と 軽いのに ・・ 施術後 体重増えた??

おかあさん に も抱っこしてもらいました  あら~ ほんま 重たい・・

どうしたんでしょ・・う・・

私が 思うのに 正中線 のずれが びしっと 収まったから??

次回 が 楽しみ・・

他にも  子供がきていますが 子供 の施術は ほんま いい・・

お目目 つむってェね・・というと  ほんま みてても いうこときかなあかん バージョンで しっかりと
目を つむる その光景 が なんとも いじらしい・・

それに  どうを ?? 大丈夫?と  子供に 聞くと 
うん 大丈夫!・・  気持ちいい? ときくと うん 気持ちいい・・ まあ 早くから 大人なみの ことを
知って・・贅沢ね~~~ と いいながら 施術している 私も なぜだか ほんわか~ァ

最近の子供は かたこり 腰痛  偏頭痛 を  訴えるのです・・

ですから・・ 私としては 子供?! とは いえない 立派な 患者さまです。




[PR]
by uni-thera | 2009-09-09 23:25